安倍政権の支持率について




2020.09.10.


 安倍政権の支持率が安倍本人が辞意を表明した直後から急上昇しているので、次期総理は総理になると直ちに解散に打って出る、などとマスコミが騒いでいる。
 しかし、普通に考えて、安倍が総理大臣を辞めると安倍がこれまでやってきた不始末の全てが帳消しになるとでも言うのだろうか。 全くもって、愚かな民衆の考えていることと言うのは理解しがたいのだが、安倍が行った森友問題、通常では考えられない程の国有財産の値引きを行ったわけで、国有財産を異様なまでの値引きをしたのは安倍の妻と森友夫婦の関係が深かったからとされているが、これは国民全体の財産なのにあたかも安倍の私有財産であるかのような扱いをしていたのだ。全く、役人どももそうだが、国民の財産をなんと考えているのかといいたくなるような酷い話で、安倍政権以外では聞いたことも無いような破廉恥行為だ。
 加計学園問題は安倍のお友達優遇の典型例で、友達だから首相という強大な権力を使って友達に対して便宜を図る。これは一種の汚職だ。
 桜を見る会では、自分たちの後援会に税金を使って様々な便宜を図っているわけで、典型的な汚職だ。
 こうした様々な形で、政治を私的に利用したというろくでもない行為に対しては、安倍が辞めると言ったとたんに、馬鹿な民衆としては全てに対して免罪符を与えると言うことなのだろうか。
 全くもって、この國の民衆の頭のレベルの低さには改めて驚くしか無い。昔から働くしか能の無いと言うことから、エコノミックアニマルだの働き蜂だと欧米のマスコミから揶揄されてきたが、この程度の頭なので、この程度の政治屋しか得ることが出来ないのだ。もう、嘆かわしいとしか言いようがない。
 さらに、安倍が掲げたアベノミクスだが、ありもしない金融緩和の効果を強弁して、金融システムにとんでもない圧力をかけ、狂っているとしか言いようのないなりふり構わない金融緩和は、金融界の破壊以外の何ものでも無かった。
 安倍が任命した黒田と言う男による異次元の金融緩和によって円安が急激に進み、一時125.86円をつけたが、円安で潤うのは大企業で、輸出に関係の無い仕事をしている圧倒的多数の人々には良いことは殆ど何も無い。
 食品から衣類といったものは多くが中国などからの輸入品だし、ガソリンや灯油などの元になる原油も生活必需品の殆ども輸入品だからで、勿論、海外旅行も円高の方が良いに決まっている。
 庶民にとっては円高の方が良いに決まっているのに、安倍政権は一貫して円安誘導を続けてきた。こうした大企業優先の政策によって、日本全体としては大きな発展を遂げ、日本全体のGDPが大幅に上がったというのであればまだしもだが、アメリカと中国は日本の失われた10年さらには、20年といった経済政策が行われた同時期に、GDPを大幅にあげているのに対して、日本はほぼ横ばい状態が続いている。
 安倍政権の間にとても裕福になったなどと実感している人なんて、殆どいないはず。
 良いことなど何も無かった安倍政権の7年なのに、野党が民主党政権の後遺症でばらばらの状態であったために殆ど野党としての機能を果たすことが出来なかったことが長期政権が続いた要因なのだが、状況を判断するといったことのできる頭を持っていない愚かな民衆は、マスコミの言うがままに世論調査に応えるしか無いということなのだろう。








ご意見等がありましたら下記にどうぞ



 話がおもしろい、または、ためになったと思われた方は下の画像をクリックしてください。
 勿論、購入するかどうかはあなたの判断です。